不動産投資リスクと回避法

このカテゴリーでは、不動産投資者がおさえておくべきリスクと回避法を紹介しています。

不動産投資のメリットを得るためにリスクを知ろう

不動産投資は、マンションや賃貸アパートなどの不動産物件を購入し、購入した物件を借主に賃貸したり、他者に売却することで利益を得る方法です。

バブル期の不動産投資は、購入した不動産が値上がりした後に売却して利益を得る、つまり売却利益(キャピタルゲイン)を期待する投資でした。現在は購入したマンションなどを入居者に貸すことで得られる家賃収入、つまり運用収益(インカムゲイン)を期待する不動産投資が主流になっています。

そんな不動産投資のメリットは、 比較的安定した収入が得られること。またインフレに強い特徴があり、節税効果(所得税、相続税)が期待できます。

セカンドライフや老後の安定収入として活用される方が多くいる不動産投資。公的年金と貯蓄だけでは、長い老後生活の不安が高いですからね。老後に支給される公的年金に加えて、安定した賃貸収入やファンドによる分配金で収益を得ることができれば、これほど心強いものはありません。

もちろん空室リスクや建物の老朽化などのデメリットもありますが、リスクを知ったうえで賢い投資すればけっして怖いものではありません。

不動産投資のデメリットとは?

「空室が出てしまった」「災害が発生した」など、不動産投資には想定外の事態が発生するケースもあります。ここでは、そんな不動産投資のデメリットを分かりやすく解説しています。

不動産投資のデメリットを詳しく知る >

投資リスクを軽減するには

「金利上昇リスク」「流動性リスク」「価格変動リスク」「低稼働リスク」と、不動産投資にかかる4つのリスクについて解説。また、節税効果など、知っておきたいメリットも説明しています。

投資リスクを軽減する方法を詳しく知る >

失敗しないためのポイント

不動産投資を行ううえで失敗しないためのポイントをまとめました。リスクは把握しておくべきですが、過剰に恐れる必要はありません。ここでは、リスクに対して向き合うための考え方や、計画の立て方を解説しています。

失敗しないためのポイントを詳しく知る >