不動産投資の種類

ここでは、ワンルーム投資や一棟買い、不動産ファンドといった種類の異なる不動産投資について、初心者向けにわかりやすく解説します。

個人で物件所有する不動産投資の種類

不動産投資のもっともわかりやすいパターンは、マンションなどを購入してオーナーとなり、家賃収入を得るということ。投資家本人が不動産所有者となって、その賃貸経営をするというわけです。
この場合、物件購入の方法としてワンルーム投資と一棟買いの2種類があります。

ワンルーム投資

分譲マンションの一室を購入してオーナーとなり、自分では住まずに賃貸物件として第三者に貸し出します。ワンルーム投資という呼び方をするのは、都心のワンルームマンションだと需要が多く、また購入する費用も比較的少なくて済むからです。
この場合、立地のチョイスがもっとも重要で、都心の駅近物件は投資用マンションとして人気が高く、小さめの部屋でも収益性の高い投資効果が期待できます。

一棟買い

部屋単位ではなく、文字通りマンションやアパートをまるまる一棟所有して、オーナーとして賃貸経営することを意味します。個人の投資として見た場合、土地の取得から建物の建設まで、ゼロベースで開発するケースはあまり多くなく、一棟まるごと売りに出されているのを購入するというケースが一般的でしょう。
当然、初期投資の負担は大きくなり、全室が常時入居状態となるのは簡単ではありません。それでも、資金に余裕がある場合、節税効果の高さやまとまった賃料収入が期待できるというメリットもあります。

共同で物件所有する不動産投資の種類

個人で不動産を直接購入するのは資金面や運用の手間、空室リスクなどがあり、初心者にとって不安要素が少なくありません。そういう人にとって検討したいのが不動産ファンドです。
不動産ファンドとは、複数の投資家から資金を募って、それを不動産に投資するというもの。家賃収入や売買益を分配することでリターンを得るわけです。
個人では手が出ない高額物件であっても少額投資することができますし、投資家ひとりあたりのリスクも比較的小さめになります。物件の選定や実際の運用はプロが担当するので、個人投資家としては手間がかかりませんが、運用に必要なランニングコストは差し引かれます。

初心者が始めやすい不動産投資は?

近年、ワンルーム投資は頭金なしでスタートできるといった宣伝文句も見かけますが、数百万円を超える初期投資をすることには変わりありません。それでも、低金利時代において不動産投資は比較的安定した収益を得られる金融商品として人気があるのも確かです。
そうした点も踏まえて、初心者はまず少額投資でスタートできる不動産ファンドで不動産投資についての見識を深めていくのがおすすめ。投資額は少なくても高収益物件に投資できれば、高い利回りでの運用も期待できると思います。