不動産投資の仕組み

ここでは、インカムゲインとキャピタルゲインの違いを解説、不動産投資初心者に収益が得られる仕組みを紹介します。

インカムゲインとは|不動産投資の仕組みその1

インカムゲインとは自分で所有する不動産を賃貸物件として貸し出して、毎月の家賃を収入とするもの。その代表的なパターンとして、ワンルームマンションの賃貸経営を例にとって、大まかな仕組みを説明します。
まず、物件購入するにあたって、自己資金で一括払いできる人もいるでしょうが、ローンを組んで購入するのが投資用マンションではよくあるパターン。いずれにしても購入代金は初期費用として支出に組み込みます。
次に、入居者募集や家賃回収、建物管理といった賃貸の実業務。これは賃貸管理業務の委託サービスをする専門業者に依頼するのが一般的で、これは月々の必要経費となります。これ以外に、分譲マンションだと積立金があったり、不定期に設備補修やリフォームなどの出費を見込んでおく必要があります。
そして、毎月の家賃が収入となるわけですが、入居者が決まらなければ収入はゼロになるリスクがあるわけです。
もう何年も低金利が続いていることもあり、全般的な傾向としてローンで購入しても優良物件なら収益が上がるとされています。他にも、個人レベルなら物件購入のローンは節税効果があったり、生命保険代わりになるなどのメリットもあります。

キャピタルゲインとは|不動産投資の仕組みその2

キャピタルゲインとは、不動産を購入して、購入金額より高く売ることで利益を上げるというもの。物件によっては一定期間保有していれば資産価値が上がるケースがあるものの、右肩上がりの時代と違って、多くは年数が経てば資産価値は下がっていきます。わかりやすくキャピタルゲインで収益を上げる方法は、古めの物件を購入してリフォームするなど資産価値を上げて売却するというパターンです。
なお、株式やFXなどと比べて不動産投資は急激な変動があるわけではありませんが、社会情勢などによって特定地域の不動産価格が上下することはあります。キャピタルゲインで収益を上げるには、こうした動向を見極めることも重要となります。

初心者におすすめできる不動産投資はどっち?

インカムゲインとキャピタルゲインを比べた場合、不動産投資初心者におすすめできるのはインカムゲイン。キャピタルゲインの方がより物件選びはシビアになりますし、買った時より高く売り抜けるためにはプロ並みの計画と、こまめな動向チェックなどが必要となるからです。
その点、インカムゲインは都心のワンルームマンションなど賃貸需要のある物件を買うことができれば、日常的な業務は委託業者に依頼することが可能で、手間もかからず専門知識などもそれほど重要にはなりません。