サラリーマンでも可能!融資を受けて「不動産投資」

不動産投資

将来のことを考え、副業に取り組むサラリーマンが増えてきました。中でも「不動産投資」は、さほど手間をかけずに安定した家賃収入が得られるので注目されています。
ここでは、「不動産投資がサラリーマンの副業として適している理由」と「不動産投資ローンとは何か」について詳しく解説します。

サラリーマンが不動産投資をする4つのメリット

1. 煩わしい業務などの手間がかからない

マンションやアパートなどの不動産に投資した場合、煩わしい「物件や入居者の管理」は不動産管理会社に委託することができます。時間のないサラリーマンでも安心して始められます。

2. 銀行から融資を受けやすい

不動産投資を行うには銀行から多額の融資が必要となります。サラリーマンは固定給をもらっているので、収入が不安定な自営業者などに比べて信頼度が高く、比較的融資が受けやすいといえるでしょう。

3. 赤字の場合は「所得税」や「住民税」が抑えられる

「不動産所得」とは、家賃収入などの総収入金額から必要経費を差し引いたものをいいます。この所得が赤字になった場合には、「マイナスの不動産を所得している」ことから所得税・住民税などを抑えることができます。
初年度は、物件取得のための借入金の利子の支払いが多く、登記費用も発生するため、不動産所得が赤字になってしまうことは少なくありません。

4. 老後も収入が見込める

サラリーマンを定年退職したあとも、安定した家賃収入(不労所得)が見込めると安心した老後を迎えることができるようになります。

不動産投資ローンの審査基準やポイントについて

不動産投資

不動産投資ローンは審査が厳しい

不動産投資ローンと住宅ローンは、どちらも購入する不動産を担保として、その評価額内で融資をおこなう「不動産を購入するためのローン」です。

「住宅ローン」は、返済が滞ると自分が住んでいる家を出ていかなくてはいけなくなる可能性があるため、借りている人は優先的に返済をします。
「不動産投資ローン」はそれと比べると返済の滞納リスクが高いと考えられているため、審査が厳しく、金利も高めの傾向にあるのです。

審査ポイントは利回り・貯金額・年収など

不動産投資ローンの審査基準は、個人の信用度や返済能力に加え、投資する物件の「担保価値」や「収益性の評価」が重要な要素となります。
融資する銀行が重視するのは、もちろん「将来的にきちんと返済できるのか」という点です。そのための指標として

  • 物件の収益性(利回り)
  • 貯金額
  • 年収

などが審査のポイントとして挙げられます。

ちなみに、「年収500万円以上」というのが審査時の一応の基準となっており、サラリーマンが借り入れできる金額の目安は、「年収の5倍」となっているようです。

サラリーマンでも不動産投資はできる!

不動産投資ローンは、住宅ローンに比べて「審査が厳しい」という面があります。しかし、サラリーマンでも一定の条件を満たして金融機関から評価を受けることができれば、大きな融資が受けられます。
老後の生活を年金だけに頼れないこの世の中、ぜひ将来のためにも不動産投資にトライしてみてはいかがでしょうか。