不動産投資に必要な資金

ここでは、どの程度の資金が必要となるか、不動産投資初心者向けに年収や自己資金の目安などを紹介します。

初心者が目安とすべき不動産投資の自己資金と年収

極論すると自己資金0円でも不動産投資ができないわけではないのですが、ある程度現実味のある話をすると、仕事と年収などによって金融機関からの融資額が変わり、その兼ね合いで自己資金がいくら必要となるかも変わってきます。そこで、ネットなどで調べてみると、不動産投資をスタートするにあたって、ひとつの目安となるのが年収500万円前後、自己資金300万円前後といった線です。
ローンで不動産購入するとして、金利が低い銀行から借入できる金額は、年収1千万円以上だと8割程度、700万円前後だと5割程度、500万円前後だと3割程度といわれています。安定した仕事で高収入であるほど融資が受けやすいのは常道ですが、年収300万円程度でも融資を受けて投資用マンションを購入しているケースはあり、これは一概にいえない部分もあります。
ただし、投資用マンションで賃貸経営するとなると、空室リスクもありますし、設備トラブルなど急な出費がかかる場合もあるので、ローン返済をギリギリで組んでしまうと生活費もしくは賃貸経営に支障をきたしかねません。
一方、自己資金は購入する物件価格2〜3割は用意しておきたいところ。購入時には物件価格だけでなく諸費用もかかることを踏まえて、1千万円台の小規模物件を買うにしても、300万円程度の自己資金はあった方がいいわけです。

自己資金に余裕がない人ができる不動産投資

上でも触れたように、自己資金0円で物件購入できないわけではありませんが、数百万円単位の蓄えがない人の場合、やはりいきなり不動産購入するのはリスクが大きくなりがち。そんな場合、不動産投資として検討したいのが不動産投資ファンドです。
ファンドへの投資なら、中には1万円からの少額投資ができる商品もあり、不動産投資の動向や仕組みなどを理解する上で、初心者にとって実地トレーニングにもなります。