初めての不動産投資入門

このカテゴリーでは、これだけは知っておくべきという不動産投資の入門者向け知識をテーマ別にわかりやすくとりまとめてみました。

知らないと損をする不動産投資の入門者向け注意点

不動産投資が初心者にとって身近なものとなったとはいえ、知識ゼロで簡単に利益を得られるものではありません。詳細ページでは5つのテーマに分けて、最低限理解しておく基礎知識をまとめています。

不動産投資の種類

個人のマンション区分所有から一棟買い、そして共同所有という投資方法まで、不動産投資の種類の違いを解説しています。不動産投資と一括りにいわれる中で、種類による違いはかなり大きく、初期投資のリスクも違ってくるため、初心者として検討材料とすべき基本的な部分を整理しています。

不動産投資の種類を詳しく見る >

不動産投資の仕組み

不動産投資の利益は、家賃収益を意味するインカムゲインと売買益を意味するキャピタルゲインとに分類できます。それぞれ、投資としてどのような仕組みになっているか、初心者が始めやすい投資はどちらかといった点を解説しています。

不動産投資の仕組みを詳しく見る >

不動産投資に必要な資金

不動産投資で物件オーナーになろうと思えば、最低でも数百万円、場合によっては数千万円規模の物件を購入することになります。それを現金で一括購入できる人は稀でしょうし、ポイントとなるのは初期に用意できる自己資金と、ローンを組むにあたって審査される年収。詳細ページでは、目安としていくらくらいの自己資金と年収があればいいかの説明と、少額でも取り組める不動産投資方法について解説しています。

不動産投資に必要な資金を詳しく見る >

他の資産運用商品との違い

定期預金に象徴されるローリスクローリターンではなく、将来を見据えてある程度リターンを得るためにはどんな資産運用をすべきか、株式や投資信託などと比較する形で不動産投資のリスクとリターンについてまとめてみました。不動産投資がミドルリスクミドルリターンといわれる理由も納得できると思います。

他の資産運用商品との違いを詳しく見る >

よくある失敗事例集

普通のサラリーマンでも投資用ワンルームマンションを買って不動産購入できる時代ではありますが、投資である以上、失敗するリスクはあります。詳細ページではけして珍しくない要因によって不動産投資に失敗した事例を紹介しています。同じ失敗をしないためにも、これらを反面教師として、初心者が手始めに取り組むべき不動産投資について検討してみてください。

よくある失敗事例集を詳しく見る >