REIT(不動産投資信託)

ここでは、証券取引所に上場されているREIT(不動産投資信託)の特徴やメリット・デメリットなどを紹介します。

不動産投資信託=REITの特徴と仕組み

REITとはReal Estate Investment Trustの頭文字をとったもので、投資家から資金を募り、複数の不動産に投資して賃料収入や売買益を分配するという投資商品。アメリカで作られた金融商品で、日本ではJ-REITとも表記されます。
REITは不動産投資法人という形式をとり、株式会社の株式に相当する投資証券を発行、投資家はこれを証券取引所で売買することになります。REIT自体は資産運用をすることはできず、運用会社や資産保管会社、事務受託会社に各業務を委託するという仕組みになっています。

REIT(不動産投資信託)の種類

REITには2つの種類があって、ひとつの用途に限定した特化型と、異なる用途の物件を組み合わせた総合型とに分類されます。ここでいう用途の主なものは、オフィスビル/マンション/ホテル/商業施設/物流施設/ヘルスケア施設といったところ。特化型はこの内のどれかに限定したもので、複合型は2つもしくは3つ以上の用途を組み合わせたものとなります。

REIT(不動産投資信託)のメリット・デメリット

一般的な不動産投資と比較した際のREITの主なメリットとデメリットを以下にまとめておきます。

メリット

  • 10万円程度からの小口投資ができる
  • 売買取引が手軽で流動性が高い
  • 複合型や複数商品を購入することで分散投資になる

デメリット

  • 価格変動(値下がり)リスクが高い
  • 不動産という現物資産を所有できるわけではない
  • 不動産投資法人としてのREITは倒産リスクがある
  • REITが上場廃止となるリスクがある

REIT(不動産投資信託)はどんな人におすすめか

上で触れた特徴やメリット・デメリットなどを踏まえて、REITは以下のような人におすすめできます。

  • 不動産投資の初心者で小口投資から始めたい
  • キャピタルゲインよりもインカムゲインを重視する
  • 株式や外貨投資などをしていてリスク分散したい

REIT(不動産投資信託)は、売買取引が手軽にできる一方で、価格変動(値下がり)リスクが高いという特徴があり、ある程度の投資知識や経験が必要とされます。

価格変動リスクが少なく、より安定した利回りを求める不動産投資初心者であれば、「不動産投資商品」を検討してみましょう。このサイトでは、「不動産小口商品」の利回りを比較調査したページもありますので、参考にしてください。