人生の資産計画の立て方

まだ遠い老後まで行かなくとも、 結婚や子供の誕生、教育費、住宅ローン…と、人生には様々なライフイベントがあります。それはそのまま人生の節々でお金がかかることを意味します。

理想のライフスタイル実現に向けて必要なお金

では今後の予想される出費はどれくらいかかるのか?しっかりとシミュレーションして、いつまでに、どれくらいの額の資産を形成すればいいのか、明確にしておくと資産運用プランがたてやすくなります。

ちなみに、公共機関や雑誌のリサーチなどによる調査をまとめてみると、結婚では約550万円、出産にかかる費用は約66万円、子供の教育費はオール公立でも幼稚園から高校までで約550万円、大学まで会わせると約1,000万円が必要とされています。

そして老後に必要な資金をみてみると、老後の夫婦世帯の現在の支出額平均は月額24.9万円といわれています。また、ゆとりある老後生活を送るために必要な額は、月額38.3万円というデータもあります。

お金にもしっかり働いてもらいましょう

準備しなければならないお金のことは理解できたと思います。預貯金だけではなかなかお金を増やしていけない昨今。お金を眠らせたままにしておくのではなく、お金にもしっかり働いてもらう。それが資産運用の考え方です。

資産運用は手持ちの資金を全部利用するというものではありません。すぐにでも使う資金は預貯金などで持ち、当面使う予定のない余裕資産を運用に回すことが上手な資産運用のコツになります。以下、具体的に分けてみましょう。

●すぐに使う可能性のある「流動性資金」
生活費や不意の出費で使う予定のあるお金は、安全性の高い運用をしましょう。例:普通預金、MMF、MRFなど

●数年後に使う予定のある「安全性資金」
結婚資金や住宅資金などは、元本の安全性と同時に収益性のある運用で。例:定期預金、個人向け国債、公社債投資信託など

●当面使う予定のない「収益性資金」
セカンドライフや老後の資金などは、運用によって高い利益が得られる可能性のある金融商品で高リターンを期待します。例:不動産投資、株、外貨預金、投資信託など。

ライフプランは人それぞれ。資産運用するためのお金の性格を理解して、自分の目的や計画に合わせて金融商品を選ぶことが大切です。