なぜ預貯金よりも資産運用なのか?

これからの人生を考えると、預貯金だけでは不安です。しっかりとした資産運用を考えていく必要があります。

理想のライフスタイル実現に向けて必要なお金

資産運用ときくとちょっぴり敷居が高い感じを受けますが、実は生きている限り誰もが真剣に考えなければならない問題なのです。

例えば急に重い病気になった場合はどうでしょうか。それまでに資産運用をしてある程度お金を貯めていれば、しっかりと対処できるはずです。では預貯金をコツコツとしてお金を貯めていけばいいのかというと、そう単純な話しでもありません。

ご存知の通り、日本の経済はバブル期を経て90年代から地価や住宅価格の急落、株式市場の低迷などで戦後初のマイナス成長となってしまいました。これにより日銀がゼロ金利政策を実行。低金利時代の幕開けです。銀行や郵便局にただ漫然とお金を預けていても、まったくといっていいほど殖えない状況が続いています。

「お金の元本自体が減る訳じゃないから、資産運用や投資より安全だろ」って声もよく聞かれますが、果たしてそうでしょうか。

銀行が潰れたら1000万円しか保証されないといったペイオフの話しもありますが、もっと大きな問題があります。それはインフレリスクです。

インフレとは物価があがり、通貨の価値が下がることを意味します。例えばですが、今まで1,000円で買えていたモノが20年後、2,000円になったとしたらどうでしょう。1,000円札の価値が半分になったことになりますよね。これを預金に当てはめてみてください。確かに1,000円という額面は元本保証されていますが、貨幣の実質的な価値は元本割れになってしまします。

今後日本は徐々にインフレになっていく可能性が高いと言われています。 預貯金は絶対安全な資産などではなく、株式や不動産などと同様に、損をするリスクを抱えた金融商品だということを理解しておくべきです。

将来の不安を解消するためにやるべきこと

低金利に加えて心配なのは、老後の資金になる年金の問題です。日本では少子化が進み、加えて超高齢化社会を間もなく迎えようとしています。現役世代が支える年金だけでは、老後の生活費が不安です。今の時点では健康でも、70歳、80歳を超えても元気に働いてお金を稼げる保証は誰にもありません。

資産運用とは、なにも特別なものではありません。これから必要になるお金やまさかの時に必要になる資金の準備を、今から始めることが大切なのです。