株式投資

株式投資は、国内では最もポピュラーな資産運用法と言えるでしょう。その仕組みを解説します。

株式投資とは

株式とは、会社が資金を調達するために発行した株券を、投資家に買い取ってもらい、より大きな資金を集めるための方法です。

会社業績や成長性を見込んで企業の発行する株を買った投資家は、その会社の株主となります。そして投資した会社の業績や利益があがり成長すればするほど、その会社の株の価値が高まります。その時点で持っていた株を売ることで、利益が手に入ります。株式投資を簡単にいうと、株を買った時点の買取価格と売る時の売却価格の差額分の利益を得ることです。

一般的に株式投資で利益をあげるには、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という2つの方法があります。

キャピタルゲインとは、株を購入し、その株の株価があがったときに、売却して差益を得る売買差益のことです。具体的に言えば、ある会社の株を10万円で買い、20万円になったところで売るとします。そうすれば、10万円の売買差益が生まれ、利益になります。

これに対し、企業が株主に対しておこなう配当や株式分割、株主優待などの利益がインカムゲインになります。これらは株式を保有している株主が享受できる特典です。

株式投資は、キャピタルゲインとインカムゲインの2つの利益を考えて取引することと、また投資する企業の財務状況や成長性を考え、安く買って高く売ること、などと株式指南書やガイドブックにはよく書いてありますよね。確かにその通りにすれば確実に利益はでるはずです。でも理論的にはそうだとしても、実際そのとおりにはなかなか上手くいかないものです。

株式投資はハイリスク・ハイリターンの投資商品

投資を考える上で株式投資は、証券会社に口座を開設すればすぐにでも始められる個人投資家にとっては敷居の低い簡単な投資法です。また企業の業績に応じて株価があがれば、投資した分の利益を享受できます。

しかしながら、ハイリスク・ハイリターンの金融商品であることを、肝に命じておきましょう。投資した企業の業績が思わしくなく、大幅な赤字を出してしまったり、予測不可能な事態が突然おこり、株価が下がってしまうことも多々あります。

最悪の事態は、倒産してしまうリスク。よく「株券が紙くず同然になる」と言われるのは、このような事態に会社が陥り株式が無価値になってしまうことです。そうなると投資したお金はまったく戻ってきません。