金投資

経済不安になると話題になる投資先といえば、金などの現物投資です。ここでは、金投資について解説します。

もっとも安全?な投資商品、金投資

アクセサリーや電化製品の部品としても需要の高い、金。世界中で古くから通貨としても使用され、紙幣よりも長い歴史を持っています。

最近では相場が上がってきたということで注目されており、テレビなどでも話題になっていますね。そんな金の魅力は、全世界で共通の価値を持っているということです。紙幣の価値は国の情勢によって変動してしまいますが、金は変化しません。経済状況に左右されない固有の価値を持っているからこそ、投資商品としても安全なのです。

地球上の資源は限られていて、金も採り尽くせばいつかはなくなってしまいます。現在すでに75%以上の金は採掘されたといわれていて、非常に希少価値の高い物質です。

金価格推移のグラフをみてみると、2000~2005年以降その価値は急騰していて、特に戦争やテロなど有事の際、つまり社会不安、通貨不安が増大した時に値段が上がる傾向があります。特に好景気とは言えない現代では、ぴったりな投資商品といえるでしょう。

金投資で期待できる利益

金投資は株式投資などとくらべ価格の上下が緩やかで、ギャンブル性は少なく、安全度は銀行預金と同じ程度か、それ以上ともいえるでしょう。株券や紙幣とは異なり、金自体に価値があるからです。金投資で利益を上げるには、長期スパンで考えなければなりません。

金の一番の欠点は、利息が発生しないことです。そのため、利益は金価格の変動、その差額の売買益で得ることができます。

最近では純金積み立てという投資も流行っていて、貯金のように毎月純金を積み立てていくという、まさに貯金です。数年後、金の価値が上がってた場合はその分お金で引き出すことができます。銀行への貯金に比べると少しリスクはありますが、金価格が下がりにくいことを考えると、今は安全でお得な投資方法かもしれません。