初心者のための資産運用法ガイド

大切な資産を上手に運用するためには、まずどんな運用法があるのかを知ることが大事です。このカテゴリでは、代表的な資産運用法の特徴やそれぞれのメリット・デメリットを解説しています。

【国債の購入】
政府が発行している債券を購入し、利子で収入を得る方法です。国債は国が発行しているものだけに、安全性は金融商品の中で最も高いと考えられています。満期償還前に換金すると、時価で売却することになるので、値上がり益が期待できる反面、値下がり損をする場合もあります。

【株式投資】
株式会社が資金調達のために発行する株券を購入し、配当や売買によって利益を得る方法です。株主優待が得られるメリットもあります。

【外貨預金】
日本円を外国の通貨に換金して預ける預金です。利息収入や為替差益で利益を得ることができます(差損する場合もあります)。

【投資信託】
資産運用のプロ(ファンドマネージャー)に資金を預けて、株式投資や債券などで運用してもらう方法です。運用成果に応じて投資家に利益が還元されます。

【FX(外国為替証拠金取引)】
外貨・為替を対象とした金融商品のひとつで、世界中の為替相場の変動によって生じる差額で収益を得る方法です。レバレッジやスワップ金利など、独自の運用方法があります。