サーフミニ

ここでは、住友不動産の投資商品『サーフミニ』の情報をお届けします。

投資初心者向けに登場した不動産投資商品

住友不動産のファンドとして1999年に登場した『サーフ』は、出資金額が1口500万円と高額で、運用期間も約5年と長期間にわたるものが主流でした。いくら元本安定型といえど、1口500万円はサラリーマン投資家にはちょっと厳しい額。

そこで登場したのが、1口100万円から出資できる『サーフミニ』です。このぐらいの額なら退職金の運用や定期預金・国債に代わる商品として、投資初心者でもはじめられますね。不動産の資産価値が下落した場合も、運用資産の評価額の下落幅が30%以内であれば、全額出資額が返却されます。

ハイリスク・ハイリターンを狙う投資家というよりも、比較的安定した運用をしたい人向きの商品ではないでしょうか。

オススメの不動産投資商品ランキング

サーフミニDATA

利回り 一口の出資額 手数料 分配回数 元本の保全
2% 100万円 5,250円(一口) 1回 なし

販売実績は業界トップクラス

不動産特定共同事業商品としては、60本以上のシリーズを販売し、累計販売実績でも抜群の結果を残しています。比較的早い時期から販売を始め、世の中に出回ったファンドの数も群を抜いているので当然かもしれませんが、これはすごいですね。

人気のヒミツは、出資金の元本割れや予定分配率を下回った商品がこれまでないからでしょう。利回りも2%台なのでハイリターンというものではなく、定期預金や投資信託にかわる元本安定型の運用商品として投資家から評価されています。

『サーフミニ』の評判をチェック

  • 利回りは高くないけど、これまで一度も予定分配率を下回ったことがない点を評価して出資しました。
  • 物件が都内のオフィスビル。住友不動産が運営しているので安心感があります。