ガイアファンディング

ここでは、アメリカの不動産に特化したソーシャルレンディング『ガイアファンディング』の特徴や口コミなどを紹介します。

担保付き海外不動産に初心者が少額投資できる

海外不動産への投資というと初心者にはかなりハードルが高いというイメージを持つかもしれません。それが、インターネットを使った投資商品なら、アメリカの不動産を対象とした不動産ファンドでもそれほど難しくなく、少額投資でスタートすることもできるのです。
このガイアファンディングはアメリカの不動産投資案件を取り扱っていて、それらすべてを担保付きで提供しています。アメリカの不動産ビジネスは日本よりも情報公開が進んでいて、もちろん日本よりも好景気といえる状況。少額投資で複数の不動産ファンドに分散投資するなら、こうした海外不動産の商品を組み込むことで、投資初心者でもより知見が深まるでしょう。

不動産投資初心者におすすめの「不動産小口化商品」を比較

ガイアファンディングDATA

利回り 一口の出資額 手数料 分配回数 元本の保全
5~10% 2万円~ 無料 一括返済 あり

運営会社の経営層自ら海外不動産投資を実践

ガイアファンディングでは経営層もアメリカの不動産投資を実践しているメンバーで、専門知識やノウハウ、そして情報収集できるネットワークを持っているのが特徴。もちろん、現地の不動産開発会社とも提携しているからこそ、こうした不動産ファンドの運営ができるわけです。
案件をチェックしてみると、サンフランシスコ郊外の住むマリンカウンティといった富裕層エリアの物件などがラインナップされていて、資産価値の高さが伺えます。

『ガイアファンディング』の口コミ・評判は?

  • あまり知名度は高くないのかもしれませんが、私は海外投資を検討していて、ガイアファンディングを知りました。アメリカの不動産事業を対象としたファンドで、多くは担保が付いています。分散投資のひとつの選択肢としておすすめできます。
  • 不動産ファンドに投資するのは初めてでしたが、2万円からスタートできることと、詳しい友人のサポートもあってトライしてみました。けっこう高利回りも期待できそうですし、手続きなどはさほど難しくありませんでした。
  • 海外不動産への投資が個人でも数万円レベルからできるのはココの大きな魅力ですね。アメリカの物件は日本より情報公開が進んでいるので、9~10%といった利回りを期待しています。