不動産投資は初心者という方に
耳寄りな情報を

このサイトでは、初心者でも手軽に始められる不動産投資法をお探しの方に、耳寄りな情報をお届けします。
不動産投資を成功させる秘訣はなんといっても、リスクが少なく、利益を出しやすい投資対象を選ぶことです。ここでは、おすすめできる不動産投資商品の比較ランキングや、不動産投資の基礎知識などをまとめています。

  • 不動産投資を始めたいけど、何から手をつけたらいいかわからない
  • 初心者でもできる簡単な投資方法はないか探している
  • あまり危険な投資はしたくないが、資産も増やしたい

といった方は、ぜひ疑問を解消していってください。

初心者におすすめの不動産投資とは?

不動産投資には、大きく「現物不動産投資」「不動産ファンド」があります。「現物不動産投資」とは、文字通り投資家としてマンション、一戸建てなどの「不動産」を手に入れて、収益を得る投資のこと。主な収益としては、家賃収入(インカムゲイン)と、売却益(キャピタルゲイン)があります。インカムゲインは、ある程度安定して継続収入が得られる利益であり、キャピタルゲインは、価格変動などの投機を活かした利益であると言えます。

ちなみに、初心者がこの「現物不動産投資」で失敗する原因の多くが、大きな初期投資や急な出費のために、資金が回らなくなってしまうというもの。このサイトでは、現物不動産投資でありがちな失敗事例も掲載していますので、参考にしてください。

自ら不動産を所有・購入する「現物不動産投資」に対して、「不動産ファンド」は、不動産投資会社に出資して運用を任せて、そのリターン(配当)を得るという投資です。一般的に複数の投資家から出資を募っているため、少額から始められるのが大きな特徴。「不動産ファンド」には、「不動産投資信託」「不動産小口化商品」があり、「不動産投資信託」は、上場株式と同じように、証券取引所で売買できるため、その価格は市場の需給関係により日々変動することになります。

小口での不動産投資を
すすめる理由

「不動産小口化商品」は、ビルやマンションといった物件の所有権を、他の出資者と共同で購入するというもの。出資額は「一口100万円」というように比較的安くなっており、通常の不動産投資のように多額の資金が必要になることはありません。

購入後は何もしなくても、出資した額と利率に応じた収益が定期的に入ってくるという手軽さも特徴。不動産投資というと、資産運用の初心者にはハードルが高いように思われがちですが、小口化商品での投資なら初めての方にもオススメです。

手持ちの資金の活用や退職金の運用、老後のための準備資金と目的は人それぞれだと思いますが、将来を見据えた資産運用は大切。私自身も金融商品について勉強し、不動産投資商品を選び、資産運用を始めました。そこで得た情報を集めてみましたので、皆さんにも参考にしてもらえれば嬉しいです。

初心者にもおすすめの不動産小口化商品3選

不動産投資を、一口100万円などで手軽に始められて、リターンも期待できる不動産小口化商品を厳選。「予想利回りの高さ」「手数料」などで比較してまとめています。ぜひ参考にしてください。

  • 予想利回り出資した額に対して、1年間で何%の利益が得られるかの想定率
  • 手数料出資に必要手数料

1みんなで大家さん

  • 利回り7
  • 手数料無料

公式サイトで
実績を見る

みんなで大家さんの特徴
投資対象を厳選しているため、年利7%と、予定利回りの高さが特徴になっています。手数料も無料で、投資コストが少なくてすむ点も、大きなメリットと言えます。

みんなで大家さんの口コミ

行の定期預金も金利が芳しくなかったので、知人のすすめをきっかけにみんなで大家さんを利用してみました。当初は、少額で始められる資産運用だと聞いていたので、試験的な運用のつもりだったのですが、安定した利益配分のおかげで、稼業が苦しい場面でも役立ってくれました。今後も、このような安定した配当が受け取れるなら、追加購入も検討してみようかと思います。着実に資産を増やすことのできる安心感と7%という利回りが嬉しいですね。

んなで大家さんは投資対象を厳選しているので、着実に利益を得られる手堅さがあるので安心して任せられます。利回りの高さもさることながら、手数料がかからないので投資コストがかさむこともありません。それに、セミナーでも担当者の説明がとても丁寧なので、資産運用に知識が乏しくても良く理解することができます。堅実な資産運用、丁寧な説明や運用サポートはみんなで大家さんならではの強みだと思います。リスクが全くないという金融商品はありませんが、迅速な対応と誠実さをもつみんなで大家さんは、比較的に安心して任せられる商品を提供していると思います。

2マリオンボンド

  • 利回り4.04
  • 手数料出資金の3%~

公式サイトで
実績を見る

マリオンボンドの特徴
投資対象として、景気変動を受けにくい単身者向けマンションを厳選。長く賃貸事業を行ってきたノウハウがあり、安定した賃貸利益が期待できます。

マリオンボンドの口コミ

来の資産形成を検討し始めたころに、マリオンボンドのことを知り興味をもったのがきっかけです。25万円という低価格から運用できるのもお手軽ですし、専門家のノウハウによる運用も堅実で信頼できるので、資産運用の初心者向きといったところでしょうか。今までは貯蓄一筋でしたが、銀行の預金金利より分配率が高いことも知りましたね。マリオンボンドに任せてからは、毎月通帳をみるのが楽しくなりました。

年退職する年齢になりましたが、老後の暮らしに不安を感じて資産運用をいろいろと模索することにしました。マリオンボンドを見つけて担当者の人から投資信託の長所や短所を教えていただき、丁寧な説明に誠実さを感じたため出資を決意しました。決め手となったのは、運営方針の関係で元本割れの可能性も低い点。出資して以来、毎月口座に安定した分配金が入ってくるので、老後に対する不安も減り任せて良かったと満足しています。

3ゆうゆう倶楽部

  • 利回り4
  • 手数料あり(要問合せ)

公式サイトで
実績を見る

ゆうゆう倶楽部の特徴
東京の中古区分マンションを中心に分散投資を行います。賃貸利益による分配のほか、売却利益が生じた場合もボーナス分配が行われるという仕組みがあります。

ゆうゆう倶楽部の口コミ

うゆう倶楽部が起業した2008年から投資を始めて、現在まで投資を続けてきました。この数年間に起きたリーマンショックや東日本大震災に見舞われても大きな煽りを受けることなく、安定した収益を確保していました。今ではその出来事が裏付けとなり、安心して投資を続けることができています。銀行の預貯金がほとんど利息を生じない無金利状態では、少しでも利回りの高いものを求めたいものです。ゆうゆう倶楽部は、都心の立地条件の良い中古物件に投資しているので、安定した家賃を確保できるのが強みですね。また少額の資金から資産運用に乗り出すことができるので、同じ額でも複数のマンションに分散投資が可能な点も魅力的です。

うゆう倶楽部は、専門家に運用を一任する反面、具体的な資産運用の経過報告をしっかりしてくれるので、安心して投資を続けることができます。また、ゆうゆう倶楽部は、保有するマンションの賃料を周辺の相場と比較、回収修繕にかかる維持費なども視野に入れた運用方針なども解説してくれます。個人的に不動産運用を検討している場合も、ノウハウを知ることのできる良い機会になると思います。投資側と事業者側の優先劣後構造の恩恵もあり、出資金への安全性もあるので、気兼ねなく購入できる金融商品だと思います。

初めての不動産投資入門

不動産投資を検討されている方に、知っておいてほしい知識をまとめました。
不動産投資の種類や仕組み、必要資金からよくある失敗事例集まで、分かりやすく説明しています。

初心者向けの不動産投資イメージ画像

初心者向けの
不動産投資信託を比較

手軽に不動産投資を始めたい初心者の方に、おすすめできる不動産小口化商品を比較紹介!その他、様々な不動産投資商品の特徴や、口コミ評判などを紹介しています。

現物不動産に比べて少ない資金で始められ、安定した利回りが期待できる不動産小口化商品を、「予定利回り」「手数料」「分配回数」などで比較しました。

初心者におすすめ!利回りで比較した
不動産小口化商品ランキング

不動産投資のメリットについて

安定した不労所得を得られる

不動産投資の最大の利点は、賃料を軸とする不労所得が安定して得られることにあります。

数ある金融資産の中でも、株や地価は社会情勢の影響による変動を受けやすいのに対して、マンションなどの賃貸水準はほとんど変化することがありません。

高利回りが期待できる

2017年現在、平均的な銀行の金利は、普通預金が0.02%で定期預金でも0.3%という低金利。そのため、少しでも高い利率の金融商品や投資対象を求める声は少なくありません。

ただし収益率を求めた運用で、株式投資やFX、外貨預金などを利用すると、それにつきまとうリスクも高いものになってしまいます。

一方、首都圏のワンルームマンションなどの賃貸物件は常に需要があるため、収益が安定しており、高利回りが期待できる投資対象となっています。

借入れにより少額自己資金から始められる投資である

不動産投資は、商品自体を担保にして金融機関から購入資金を借入れできる特殊な投資商品です。

このローンを活用すれば、少額の自己資金から不動産を購入することが可能で、早期に家賃収入の利益を得ることができる特長があります。

小口化された不動産投資の強み

不動産投資は、すべての収益を総取りすることがメリットでしょう。その反面、個人がオーナーになる場合は、多額の初期投資費用が必要となる上、物件選びや管理委託業者選びなど様々な手続きが必要になります。また、運用期間が長期にわたる性質から、その間の運用にかかる手間を考慮すると、リターンの少なさが目につくようになります。

しかし、小口化された不動産投資なら運用を営業者に一任したまま、安定した利回りが得られる点が大きな魅力です。運用期間が短い傾向にありますが、初期投資額に応じた利益を得られるので、少額かつ短期間で一定の収益が期待できる安定した投資商品としてのメリットをもっています。

初心者の人はどのように不動産投資を勉強したらいいのか

不動産投資のノウハウを身につけようとする人の大半が指南書・専門書などの書籍で勉強しようとします。しかし、資産運用のできる不動産には様々な種類があります。

  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • 新築アパート
  • 中古アパート
  • 分譲住宅
  • 一戸建て

これらの不動産の性質によって適したマージンは異なり、書籍によって不動産投資に対する独自の解釈があります。そのため、事前知識のないままそれらを読んでもかえって混乱して、情報が整理できない可能性があるでしょう。これは不動産投資に失敗する典型的な傾向です。

そこで、まず必要なことは、目的に合った不動産投資のタイプをしっかりイメージするということ。不動産投資家としてのあり方や考え方を学ぶことで投資に踏み切る素養が培われ、ノウハウやテクニックを生かすための土台作りをすることができます。ここでは、不動産セミナーで実際に不動産運用をしている専門家から、直接実情を聞くことで成功例や失敗例などを学ぶことができます。

また、セミナーの交流を通じて周囲の人間と情報交換や人脈を形成することもできるでしょう。セミナーにも初心者向けから投資を行っている人向けのものまで、幅広い口座があるので気になったセミナーを見つけて直接講義を受けるのがおすすめです。